Logo sec

アマゾン、スマホのQR読み取り 実店舗で決済サービス開始

2018/08/30
利用者はアマゾンの通販サイトで使用する決済IDを使って実店舗でも支払いができる=東京都港区

 アマゾンジャパンは29日、実店舗でのスマートフォンを使った決済サービスを開始した。スマホに表示したQRコードを店側のタブレット端末が読み取って決済する。アマゾンが自社以外の実店舗で決済サービスを開始するのは世界初となる。

 導入した決済サービスではアマゾンの通販サイトのクレジットカード決済「アマゾンペイ」のIDをそのまま使って実店舗でも支払いができる。アマゾンのスマホアプリでQRコードを表示し、店舗側が決済サービスのNIPPON PAY(ニッポンペイ、東京都品川区)のタブレット端末で読み取る。都内や福岡市の飲食店など数十店舗でサービスを始めた。店舗側は、12月末までに決済システムを導入すれば、2020年末まで手数料が無料になる。ニッポンペイによると、同社のシステムは中国の電子商取引(EC)大手アリババグループが運営する電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」などにも対応しており、6月末時点で約1万5000店が導入している。アマゾンは通販での知名度を武器に、実店舗でのアマゾンペイの利用を促す。

あわせて読む

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る

爆買い

もっと見る
「爆買い」の記事をもっと見る 「決済」の記事をもっと見る 「物流」の記事をもっと見る 「通信」の記事をもっと見る 「IT」の記事をもっと見る

スマホ

もっと見る
「スマホ」の記事をもっと見る