Logo sec

一足早く“カジノ体験”…「IRカフェ」大阪に開設

2018/08/30
「IRカフェ」の内覧会でカードゲームを楽しむ女性ら=29日、大阪市北区(黒川信雄撮影)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に向けてコンサルティング事業などを展開するグローバルミックス(大阪市中央区)は29日、同市北区で31日に開設する「IRカフェ」を関係者に公開した。

 軽食やお酒を楽しみながら、バカラやブラックジャックなどのトランプゲームにチップを賭けて遊ぶことができ、カジノを疑似体験できる。チップは「ゲームセンターのコインのようなもの」(勝見博光社長)で、換金はできない。

 入場料は4千円で、ドリンク3杯と一定量のチップが含まれる。余ったチップは3カ月間キープできる。

 IRカフェでは通常の営業に加え、大阪での事業参入を目指すIR運営事業者や、IRに機器を売り込みたいメーカーに店舗を貸し出し、PRなどに利用してもらうことも想定する。運営は子会社の「リゾカジドットコム」が手がける。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

大阪府

もっと見る
「大阪府」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

カジノ法案

もっと見る
「カジノ法案」の記事をもっと見る

エンタメ

もっと見る
「エンタメ」の記事をもっと見る 「IR法」の記事をもっと見る 「大阪」の記事をもっと見る

誘客都市 ~IRが変える大阪~

もっと見る
「誘客都市 ~IRが変える大阪~」の記事をもっと見る