Logo sec

中部-台北の日帰り可能 スターフライヤー10月28日就航

2018/08/28

 航空会社スターフライヤー(北九州市)は27日、10月28日に中部空港(愛知県常滑市)に新規就航する中部-台北線の概要を発表した。1日1往復運航。中部発は午前8時台、台北発は午後6時半で日本からは日帰りも可能なダイヤを設定した。料金は今後詰める。

1日1往復 中部は午前8時台発 北九州-台北も

スターフライヤーの航空機

 この日は、報道陣や旅行関係者らを乗せて中部空港周辺を巡るフライトを実施。離陸前の機内で松石禎己社長は記者会見し、「今後もっと国際線を広げていきたい」と述べた。

 北九州-台北線も10月28日に1日1往復で就航する。北九州発は午後4時前、台北発は午前11時台に設定した。

 スターフライヤーは2012年から北九州-韓国・釜山便を運航していたが、経営悪化で14年に休止。今回の便で国際線に再参入する。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る 「台湾」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

アウトバウンド

もっと見る
「アウトバウンド」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る