Logo sec

なんばスカイオ10月17日開業 オフィス入居好調、訪日客向けフロアも

2018/08/23

 南海電気鉄道は22日、南海なんば駅直結の複合ビル「なんばスカイオ」(大阪市中央区)が10月17日に開業すると発表した。商業エリアには、全国初出店を含む飲食や物販の計41店舗が入居。さらに国際交流拠点となるシェアオフィスなどを誘致し、ビジネスの拠点として国内外から人を呼び込む。

「なんばスカイオ」のエントランスのイメージ図

 2~6階の商業エリアには、訪日客をターゲットに日本の伝統文化が体験できるフロアや、健康をコンセプトとした店舗などで特色を打ち出す。

 13~30階の賃貸オフィスエリアには、丸一鋼管が本社を大阪市西区から移転するほか、世界22カ国で展開する米シェアオフィス大手「ウィーワーク」が関西初の拠点を開設。関西国際空港に便利な立地を生かしたいグローバル企業などの進出が決まっており、入居率は想定を大きく上回る8割弱となっている。

 南海電鉄の高木俊之専務は「難波がビジネスの国際交流拠点となることを目指している」と話した。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

不動産

もっと見る
「不動産」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る 「大阪」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る