Logo sec

大阪・アメ村の宿泊施設、手の動きで照明やテレビ操作

2018/08/22
29日に開業する簡易宿所「STAY in the City AMEMURA」=21日、大阪市中央区(田村慶子撮影)

 宿泊施設を企画・運営するトラスタ(東京都渋谷区)は21日、大阪市中央区に29日開業する簡易宿所「STAY in the City AMEMURA」に、人の動きをデジタル化して取り込むことで家電などが操作できるシステムを来年にも導入すると発表した。

 指差しや手を動かすなど特定のジェスチャーをすることで、室内の照明やテレビを操作し、ブラインドの上げ下げもできるという。室内のセンサーが人の動きを測定し、家電などに取り付けた装置が信号を受信して作動する仕組み。同社によると、こうした技術を取り入れる宿泊施設は国内初という。

 今後、日本語が分からない訪日外国人や視覚障害者も利用できるよう技術を向上させる。

 今回開業する簡易宿所は、若者や訪日客が集まる「アメリカ村」にある9階建ての雑居ビルを改装。2段ベッドの相部屋やツインルームなど全18室があり、宿泊代は1人1泊3456円から。

 同社は現在、福岡市などに3つの宿泊施設を運営しており、2年以内に東京や関西などでさらに20軒を開業する計画。運営する全施設に今回の技術を導入するほか、システムの販売も検討する。

あわせて読む

「宿泊」の記事をもっと見る

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る

ホテル

もっと見る
「ホテル」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

伝統文化

もっと見る
「伝統文化」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る 「大阪」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る