Logo sec

「最も都会的なコース」 東京五輪トライアスロン

2018/08/03
東京五輪・パラリンピックのトライアスロン・コースを紹介する田山寛豪さん(右)とパラトライアスロンの秦由加子さん=2日、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京・お台場が舞台となるトライアスロンのコースを発表した。ベイエリアを象徴する名所のレインボーブリッジや観覧車、商業施設群を望みながらのレースとなり「史上最も都会的なコース」としている。

 お台場海浜公園がスタートとゴール、次の種目に移行する「トランジション」の地点となる。五輪で1.5キロのスイムは公園内の海に設置する浮桟橋から飛び込み、1キロを1周、さらに500メートルを1周する。5キロの道のりを8周するバイクは公園から南に向かい、都市型スポーツの会場群「アーバンクラスター」や、花と緑に囲まれたシンボルプロムナード公園を東に抜け、北進してお台場海浜公園に戻る。ランは同公園周辺で2.5キロを4周する。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

東京都

もっと見る
「東京都」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

東京五輪

もっと見る
「東京五輪」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「東京」の記事をもっと見る

東京パラリンピック

もっと見る
「東京パラリンピック」の記事をもっと見る