Logo sec

LINEペイ 加盟店向けに独自決済端末提供へ

2018/07/31
店舗向け決済用新端末を発表するLINEペイの長福久弘取締役=30日、東京都目黒区(大坪玲央撮影)

 無料通信アプリ運営のLINE(ライン)の決済事業会社「LINE Pay(ペイ)」は30日、スマートフォン決済の加盟店向けに決済用の独自端末を提供すると発表した。店舗側が端末に支払額を打ち込むと額に応じたQRコードが表示され、消費者がスマホで読み込むことで支払いが完了する。また利用者向けでは最大で5%ポイント還元する仕組みを8月1日から導入。加盟店と利用者の双方を狙った施策でスマホ決済の普及を促進する。

 LINEペイの加盟店向け決済手段は現在、QRコードを表示できる商店主向けスマホアプリ、店頭にQRコードを印刷した紙を掲示する印刷式、LINEペイ以外のQRコードにも対応した他社の決済端末などの4種類。これに新たに自社開発の独自端末を加える。決済手段を多様化させ、年度内100万カ所の加盟店目標の達成を狙う。

 一方、利用者向けには、月間の決済と送金金額に比例してポイントを0.5~2%還元する「マイカラー」制度に、8月1日から1年間限定で3%の還元率を上乗せする。LINEペイの長福久弘取締役は「現金を使う理由をなくすチャレンジだ」と述べた。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

みやげ

もっと見る
「みやげ」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る 「免税」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「決済」の記事をもっと見る 「通信」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る