Logo sec

大迫選手ちなみ“超半端ないたこ焼き”、大阪・道頓堀で人気

2018/07/26
タコが飛び出た「大たこ超半端ないたこ焼き」=大阪市中央区

 大阪・道頓堀のたこ焼き店「たこ家道頓堀くくる道頓堀本店」で、サッカーワールドカップロシア大会で活躍した大迫(おおさこ)勇也選手にちなんだ「大たこ“超”半端ないたこ焼き」が人気を集めている。

 大迫選手の活躍ぶりを表現する「大迫、半端ないって」から発想。「オオサコ」と「オオタコ」をかけて、通常の4倍の大きさのタコが中から飛び出すようにはみ出た見た目で「半端ない」を表現した。

 1日50食限定で、5個入り1100円(税込み)。同店スタッフの酒田弘一さん(23)は「食べながらワールドカップで味わった感動を思い出してもらえれば」と話している。31日まで販売する。

あわせて読む

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る

大阪府

もっと見る
「大阪府」の記事をもっと見る

飲食店

もっと見る
「飲食店」の記事をもっと見る 「飲食」の記事をもっと見る 「和食」の記事をもっと見る 「食品」の記事をもっと見る 「大阪」の記事をもっと見る

グルメ

もっと見る
「グルメ」の記事をもっと見る