Logo sec

訪日客拡大へ外国人モニターツアー JR東、SNS活用 群馬

2018/07/25

 会員制交流サイト(SNS)を活用して、県内でのインバウンド(訪日外国人旅行客)の拡大につなげようと、JR東日本高崎支社は8月4、5の両日、外国人が参加するモニターツアー「GUNMA GOLDEN GUIDE」を沼田市と川場村で行う。渋川市と中之条町で3月に行ったツアーに続く第2弾。同支社は「世界各国10万人への情報発信を目指す」としている。

 ツアー名には、「県内のゴールデンルートの発掘や世界が知らない群馬の魅力の発信」などへの思いが込められているという。

 今回参加するのは、県内に在住する米国やフランス、台湾など11カ国・地域の25人。写真共有サイト「インスタグラム」などSNSにツアーの様子を投稿するのが参加の必須条件だ。

 下りホームがトンネルの途中にあり、延々と階段を下っていかなければたどり着けない「日本一のモグラ駅」として知られる上越線の土合(どあい)駅の見学や、沼田まつりの見物、そば打ちや座禅の体験など盛りだくさんの内容となっている。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「交通」の記事をもっと見る

JR東日本

もっと見る
「JR東日本」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

群馬県

もっと見る
「群馬県」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る