Logo sec

世界初のパディントン施設 富士急、相模湖近くに開業

2018/07/23

 富士急行などは21日、相模湖近くのリゾート施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」(相模原市)に英国の代表的な児童文学「くまのパディントン」の世界観を楽しめるテーマパークを開業した。富士急行によると、パディントンのテーマパークができるのは世界初という。

「パディントン タウン」の開業式典で、風船を揚げる来場者ら=21日午前、相模原市

 名称は「パディントン タウン」で、主なターゲットは幼児がいる家族。4420平方メートルの空間に、英国のような雰囲気の中を走るミニSLや、ミニ消防車に乗り込んで水鉄砲で炎に見立てた的を倒すアトラクションなどを設けた。投資額は約2億3千万円。

 プレジャーフォレストの入園料(中学生以上が1700円、3歳から小学生と60歳以上が千円)を支払えば入場できる。アトラクションの利用は有料。プレジャーフォレストは親子連れの来園者獲得を強化し、年間入園者数で100万人を目指す。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

テーマパーク

もっと見る
「テーマパーク」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

神奈川県

もっと見る
「神奈川県」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

統合型リゾート施設

もっと見る
「統合型リゾート施設」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る