Logo sec

違法民泊利用しないで―大阪・西成で外国人観光客に呼びかけ

2018/07/17
甲冑姿で外国人観光客にチラシを配る参加者ら=大阪市西成区

 増加する外国人観光客らに対し、違法民泊を利用しないようになどと呼びかけるマナーアップキャンペーンが16日、大阪市西成区のあいりん地区周辺で行われ、甲冑(かっちゅう)姿の参加者らが外国人に注意を呼びかけた。

 同地区は安価な宿泊施設が多く、近年は外国人観光客が急増。街が活性化する一方で、外国人がトラブルに巻き込まれたりするケースも後を絶たないという。

 来年以降、20カ国・地域(G20)首脳会議やラグビーワールドカップなどの大イベントが続き、外国人観光客のさらなる増加が見込まれることから、地元住民や西成署などでつくる「あいりんクリーン推進協議会」がキャンペーンを主催。甲冑を身につけたメンバーら約30人が地区周辺をパレードし、外国人らにチラシを配るなどした。

あわせて読む

「宿泊」の記事をもっと見る

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る 「民泊」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

規制緩和

もっと見る
「規制緩和」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る