Logo sec

関東甲信、梅雨明け 統計開始以降最も早く、気象庁

2018/06/29
海開きした神奈川県逗子市の逗子海水浴場=29日午前

 気象庁は29日、関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。関東甲信で6月に梅雨明けするのは統計を開始した1951年以降初めて。昨年より7日早く、平年より22日早かった。

 気象庁によると、これまで関東甲信で最も早かったのは2001年の7月1日ごろだった。今年は偏西風が通常よりも北に蛇行した分、太平洋高気圧の張り出しが強く、梅雨前線が例年よりも早く関東甲信の北側に移動しているという。

 東京都心部では今月25日以降、5日連続で最高気温が30度以上に達するなど、関東甲信の広い地域で真夏のような暑さになっている。関東甲信は太平洋高気圧に覆われやすくなっており、今後1週間も晴れる日が多くなる見通し。

 気象庁は関東甲信について今月6日ごろに梅雨入りしたとみられると発表していた。既に沖縄と鹿児島県の奄美地方も梅雨明けしたとみられる。

関東で一番早い海開き 逗子海水浴場

神奈川県逗子市の海岸で海水浴を楽しむ人たち=29日午前

 神奈川県逗子市の逗子海水浴場が29日、海開きした。市によると、関東地方で最も早い。9月2日までの期間中、沖合にゴム製の遊具を浮かべ、家族連れが楽しめるようにしている。

 関東地方はこの日梅雨明けし、真夏のような日差しが照りつける中、地元の小学生約300人が一斉に海へ入った。5年生の山崎夏芽さん(10)は「朝少し天気が悪く、風も強くて心配だったけど、晴れて良かった。海で遊べて楽しい」と満面の笑みを浮かべた。

 逗子海水浴場では、海の家が大音量で音楽を流す「クラブ化」や酔った客同士のトラブルが問題になり、市は2014年に条例を改正。砂浜での飲酒や入れ墨の露出、スピーカーの使用を禁止している。

 遊泳時間は午前9時から午後5時まで。地域住民の利用も見込まれる海の家は原則午後8時まで営業できる。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

神奈川県

もっと見る
「神奈川県」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る