Logo sec

電動スクーター参入検討 ウーバー、米西部で急拡大

2018/06/11

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズが、「電動スクーター」のシェア事業への参入を検討していることが8日、分かった。米メディアが伝えた。どこでも乗り降りできるのが特徴で、米西部の都市を中心に急速に広がっている。

路上を走行する電動スクーター=5月、米サンフランシスコ(共同)

 ウーバーがサンフランシスコ市のスクーター事業に関する実証実験にこのほど参加申請した。配車大手の米リフトも申請したという。サンフランシスコ市が今月下旬に参加業者を決める予定。

 電動スクーターは電気モーターで走り、スケートボードに自転車のハンドルをつけたような形状が代表的。事業は米ベンチャー企業のバードなどが展開する。

 スマートフォンのアプリで近くにあるスクーターを探し、ロックを解除して乗る。置き場が決まっておらず、自由に乗り捨てられる。近距離移動の交通手段として人気を集める一方で、歩道などに放置されたスクーターの増加や歩行者の安全確保が課題になっている。(共同)

あわせて読む

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

シェアリングサービス

もっと見る
「シェアリングサービス」の記事をもっと見る

ライドシェア

もっと見る
「ライドシェア」の記事をもっと見る

シェアサイクル

もっと見る
「シェアサイクル」の記事をもっと見る