Logo sec

楽天の簡易宿所、大阪で9日オープン 1泊4千円から、カフェバーやラウンジも

2018/06/06
「Rakuten STAY HOSTEL」1階に設けられたカフェバー=6日、大阪市中央区(田村慶子撮影)

 楽天グループの民泊事業会社、楽天LIFULL STAY(ライフルステイ)は6日、大阪市中央区に開設する簡易宿所「Rakuten STAY HOSTEL(ラクテン・ステイ・ホステル)」の1号店を報道関係者に公開した。9日にオープンする。

 大阪メトロ長堀橋駅から徒歩5分の6階建てオフィスビルを宿泊施設に転換。1階にカフェバー、2、6階には宿泊客がくつろげるラウンジを設けた。展示するアート作品を定期的に入れ替えるなど、低価格路線の簡易宿所と差別化する。

 全60床で1泊1人約4千円(税別)から。半数を訪日外国人客と見込む。

 同社は物件のタイプに合わせて10の宿泊施設ブランドを展開する計画だ。その一つ、戸建て型の簡易宿所「Rakuten STAY HOUSE」を5月29日に松江市でオープンした。民泊新法が施行される6月15日には仲介サイトも立ち上げる予定。

あわせて読む

「宿泊」の記事をもっと見る

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る 「民泊」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

規制緩和

もっと見る
「規制緩和」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る