Logo sec

茨城-ソウル定期便、7年ぶり復活 7月31日から週3運航 「北関東の認知度向上に期待」

2018/06/06

 大井川和彦知事は5日、韓国の格安航空会社(LCC)「イースター航空」が、茨城空港(小美玉市)とソウル(仁川国際空港)を結ぶ定期便を就航させると発表した。7月31日から火、木、土曜の週3往復が運航する。茨城-ソウル間の定期便は、平成23年3月11日の東日本大震災で運航が途絶えて以来、約7年ぶりに復活する。(丸山将)

バスの到着を待つ茨城空港の利用者ら

 県庁で5日、記者発表が行われ、大井川知事とイースター航空の金●相(キム・ユサン)専務が出席した。大井川知事は「茨城だけでなく北関東の韓国での認知度向上につなげていきたい」と語り、金専務は「今回の就航が茨城の観光産業の発展に役立てばうれしい」と述べた。

 運航スケジュールは、茨城空港行きが午後2時ソウル発、午後4時10分茨城着。逆のソウル行きは午後5時10分茨城発、午後7時40分ソウル着。航空機は183~189人乗りのボーイング737-800型機を使用する。

 今年2~3月にかけて茨城-ソウル間のチャーター便が就航し、全8往復の搭乗率が約95%に達した。イースター航空は「茨城には多くの観光資源があり、韓国人の需要を見込める」と判断し、定期便の就航を決めた。

 茨城空港は昨年7月、新規就航するLCCの着陸料軽減などの取り組みを国が後押しする「訪日誘客支援空港」に指定され、県空港対策課が同8月ごろからイースター航空への働きかけを続けてきた。茨城空港を発着する国際線は28年に5路線あったが、現在は中国・春秋航空の上海線のみとなっており、同課の担当者は「訪日観光客数は拡大が続いている。茨城空港としてもこの流れに乗って利用拡大につなげたい」と話している。

 イースター航空は就航記念セールとして、第1便の運賃を片道500円で販売することもあわせて発表した。座席数限定で空港使用料などは別途必要。18日午後2時から同社ホームページ上で販売を開始する。金専務は「茨城の皆さんにイースター航空を利用してもらいたい」と呼びかけた。

●=応の心を腴のつくり

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

茨城空港

もっと見る
「茨城空港」の記事をもっと見る 「LCC」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る