Logo sec

パラリンピック東京大会への強化拠点「パラアリーナ」が完成

2018/06/01
パラスポーツ専用の体育館「日本財団パラアリーナ」が完成し、記念撮影する関係者=1日午後、東京都品川区

 2020年東京パラリンピックの強化拠点として期待されるパラスポーツ専用の体育館「日本財団パラアリーナ」が1日、東京都品川区の臨海副都心地区に完成した。オープニングセレモニーに出席した小池百合子東京都知事は「(パラスポーツの)殿堂ができたと思っている」と喜び、東京大会組織委員会の森喜朗会長は「素晴らしいアリーナが誕生した。できた以上は大いに使ってほしい」と期待を込めた。

 体育館で行う車いすバスケットボールや車いすラグビーは床を傷つけるなどの理由から、選手は練習施設の確保に苦慮していた。新設の「パラアリーナ」はバリアフリー設備が完備され、選手に無償で貸し出される。

 テープカットした車いすラグビー日本代表の島川慎一選手は「思う存分使わせてもらって、20年東京大会のメダル獲得に向けて進んでいきたい」と声を弾ませた。

あわせて読む

東京都

もっと見る
「東京都」の記事をもっと見る

東京五輪

もっと見る
「東京五輪」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る 「東京」の記事をもっと見る

東京パラリンピック

もっと見る
「東京パラリンピック」の記事をもっと見る