Logo sec

エイチ・ツー・オー過去最高益 外国人客需要で百貨店事業好調

2018/05/16

 阪急阪神百貨店などを運営するエイチ・ツー・オーリテイリングが15日発表した平成30年3月期連結決算は、売上高が前期比2.3%増の9218億円、最終利益が2.4%増の146億円といずれも過去最高となった。本業のもうけを示す営業利益は1.0%増の227億円。訪日外国人客(インバウンド)需要などを受けて百貨店事業が好調だった。

 昨年10月から傘下に入ったそごう神戸店(神戸市中央区)と西武高槻店(大阪府高槻市)は、値引きサービスの縮小などにより両店の売上高は、当初想定より約2割増の計233億円、営業利益は計6億円。阪急阪神百貨店の荒木直也社長は「早い時期に屋号の変更も視野に入れた営業力の強化策を打ちたい」と話した。

あわせて読む

免税店

もっと見る
「免税店」の記事をもっと見る

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

阪急阪神百貨店

もっと見る
「阪急阪神百貨店」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る