Logo sec

インバウンド好調…中部空港会社は最高益 旅客数、免税店販売増加

2018/05/16

 中部国際空港会社(愛知県常滑市)が15日発表した平成30年3月期連結決算は、売上高が前期比7・6%増の589億円、純利益が30・2%増の54億円で、いずれも過去最高だった。旅客数が伸び、免税店の販売増加も収益を押し上げた。

中部国際空港=愛知県常滑市

 旅客数は前期比5・3%増の1153万人だった。国際線は訪日外国人客を中心に需要が拡大した。国内線も格安航空会社(LCC)の新規就航によって増えた。

 記者会見した友添雅直社長は「インバウンド(訪日外国人客)が相変わらず好調に推移している。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて盛り上がるだろう」と話した。

 平成31年3月期連結業績予想は、売上高が7・0%増の631億円、純利益は2・8%増の56億円とした。

あわせて読む

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「運輸」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

愛知県

もっと見る
「愛知県」の記事をもっと見る

中部国際空港

もっと見る
「中部国際空港」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る