Logo sec

24時間365日決済に105行 全銀協加盟75%が新システム参加

2018/05/11

 全国銀行協会(全銀協)は10日、10月9日に稼働する異なる銀行間の振り込みを24時間365日できる新たな決済システムに三菱UFJ銀行や三井住友銀行、地方銀行など加盟行の約75%に当たる105の銀行が参加する見通しと発表した。午後3時以降や休日に振り込むと翌営業日に届く仕組みが大きく変わり、インターネット通販や企業間決済の利便性が高まる。

スマホなどを使った迅速な決済や送金のニーズが高まっている(写真はりそな銀行提供)

 銀行間の振り込みは、全国の金融機関をつなぐ「全銀システム」を経由する。今の稼働時間は平日午前8時30分から午後3時30分まで。他行への振り込みは平日午後3時までという制約になっていた。

 夜間・早朝や休日の稼働を補う新システムをつくることで24時間365日、即時決済できるようになる。信用金庫や信用組合を合わせると505の金融機関が当初から参加する見通し。

 大手銀の中では、みずほ銀行とみずほ信託銀行が当初からの参加を見送った。入出金や口座管理を担う次期勘定系システムに6月から来年前半にかけ移行予定で時期が重なるためで、移行後に参加する。全銀協は途中参加も含めると加盟行の9割の参加を見込む。

 新システム参加銀行が振り込み時間をどこまで延ばすかは各行の判断に委ねる。24時間365日の対応には地銀の一部などで慎重姿勢もあり、当初は参加行の半数程度にとどまりそうだ。だが、参加銀行に平日午後3時までの振り込みを、最低でも午後6時まで延ばすよう求める。

あわせて読む

「免税」の記事をもっと見る

みやげ

もっと見る
「みやげ」の記事をもっと見る

規制緩和

もっと見る
「規制緩和」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

爆買い

もっと見る
「爆買い」の記事をもっと見る 「決済」の記事をもっと見る 「物流」の記事をもっと見る 「通信」の記事をもっと見る 「IT」の記事をもっと見る