Logo sec

水陸両用「ニンジャバス」 箱根・芦ノ湖で27日デビュー

2018/04/23

 箱根・芦ノ湖に水陸両用バスが27日にデビュー-。伊豆箱根鉄道は湖畔や箱根神社の並木を走行、芦ノ湖に入る水陸両用バスの運行を始める。水しぶきをあげてダイナミックに入水し、湖面から美しい景色を眺めるアトラクションとして人気を集めそうだ。

芦ノ湖に登場する水陸両用バス

 「ニンジャバス・ウオーター・スパイダー」と名付けられたバスでは車内で女性観光ガイドが忍者の衣装をまとい、箱根の魅力を伝えるとともに、音声ガイドで忍者の歴史の解説も行う。

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて増加する訪日外国人旅行者獲得を狙ったもので、「箱根は風魔忍者ゆかりの地で、海外客から人気の忍者や武士のイメージを打ち出した」という。

 料金は大人2800円などで周遊時間は45分間。発着場所は元箱根と箱根園の2カ所で1日6便運行する。問い合わせは伊豆箱根バス箱根営業所(電)0460・86・2048。

あわせて読む

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

伝統文化

もっと見る
「伝統文化」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る 「人気」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「箱根」の記事をもっと見る

神奈川県

もっと見る
「神奈川県」の記事をもっと見る 「バス」の記事をもっと見る 「鉄道」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る