Logo sec

高島屋、66年ぶり大阪店がトップに 平成30年2月期の店舗別売上高

2018/04/10

 高島屋は9日、平成30年2月期の店舗別の売上高で、大阪店(大阪市中央区)が前期に首位だった日本橋店(東京都中央区)を抜いて国内17店舗でトップになったと明らかにした。

高島屋大阪店

 高島屋によると、大阪店が首位になるのは昭和26年度以来66年ぶり。関西空港に就航する格安航空会社(LCC)の増便を背景に、訪日外国人客向けの販売が拡大したことなどが貢献した。

 大阪店の売上高は前期比8.8%増の1414億円。このうち免税売上高は約6割増の240億円で、国内店合計の約半分を占めた。中国人客向けに決済手段を充実させたことなどが功を奏した。外商顧客の新規開拓などで富裕層向け販売も好調だった。

 高島屋は、31年2月期も2年連続で大阪店が首位になると見込む。

あわせて読む

流通業

もっと見る
「流通業」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

爆買い

もっと見る
「爆買い」の記事をもっと見る

百貨店

もっと見る
「百貨店」の記事をもっと見る

高島屋

もっと見る
「高島屋」の記事をもっと見る 「大阪」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る