Logo sec

ハウステンボス“新目玉”、海に浮かぶ移動式球体ホテルお披露目

2018/03/06

 長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」が新たな集客策の目玉として導入予定の海に浮かぶ移動式の球体型ホテルが6日、報道陣にお披露目された。珍しい宿泊体験を楽しめることをアピールする狙いで、関係者は施設全体の魅力を高める役割を期待している。

報道陣に公開された移動式の球体型ホテル=6日午前、長崎県佐世保市

 海上での移動方法や、利用者が快適に滞在できるかどうかの検証作業を月内から始めた上で、開業時期を探る。

 ホテルは1階が客室、2階は天井がない展望スペースになっている。一つに付き2~3人が泊まれる予定で、利用客は、リゾート施設内でチェックインし、船がホテルをえい航して同県西海市の大村湾に浮かぶ無人島に移動させるプランを検討しているという。

 ハウステンボスはこの無人島で、現実とコンピューターの世界を重ね合わせた「拡張現実(AR)」技術を活用し、恐竜を倒すゲームが体験できる施設も開業する予定。

あわせて読む

「宿泊」の記事をもっと見る

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

訪日外国人旅行者数

もっと見る
「訪日外国人旅行者数」の記事をもっと見る

ホテル

もっと見る
「ホテル」の記事をもっと見る

体験観光

もっと見る
「体験観光」の記事をもっと見る

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る 「人気」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

テーマパーク

もっと見る
「テーマパーク」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

長崎県

もっと見る
「長崎県」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る