Logo sec

家族連れでボルダリングはいかが 大津にジム、22日オープン 東京五輪で採用

2018/02/20

 岩に見立てた突起物を頼りに壁をよじ登るスポーツ、ボルダリングが楽しめる施設「ロックメイト大津店」が22日、大津市大萱にオープンする。

22日にオープンする「ロックメイト大津店」=大津市大萱

 ボルダリングは2020年東京五輪で正式種目に採用された「スポーツクライミング」の一種。ロープなどを使わずに、さまざまな色、形の突起物をつかんだり足場にしたりしながら、壁を登っていく。

 ロックメイト大津店は延べ床面積964平方メートルの室内に突起物が取り付けられた高さ3~4メートルの壁が設置されている。壁は傾斜や突起物の位置などで難易度が設定されており、初心者から本格的に競技を楽しみたい人まで、各自のペースで挑戦できるようにした。

 幼児専用のボルダリングスぺースや飲食が可能なカフェスペースもあり、家族連れでも訪れやすいようにしたという。利用料は120分で大人1620円など。シューズやウエアはレンタル可能(有料)。

あわせて読む

観光ルート

もっと見る
「観光ルート」の記事をもっと見る

東京五輪

もっと見る
「東京五輪」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

スポーツ

もっと見る
「スポーツ」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る