Logo sec

くまモン“海外進出”へ 関連商品の製造・販売を海外企業に解禁、費用負担は要求

2018/01/04
青森県の三村申吾知事に色紙を手渡すくまモン=青森県庁(熊本県提供)

 熊本県は4日、これまで原則として認めていなかった県のPRキャラクター「くまモン」の海外企業による関連商品の製造、販売を解禁すると発表した。国内とは異なり、利用する企業に対し費用負担を求める。8日から運用を始める。

 県によると、広告代理店と連携して国ごとに申請を受け付ける。世界中にくまモンの認知度を広げ、インバウンド(訪日外国人客)の増加につなげる狙いがある。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

海外進出

もっと見る
「海外進出」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

アウトバウンド

もっと見る
「アウトバウンド」の記事をもっと見る

熊本県

もっと見る
「熊本県」の記事をもっと見る

青森県

もっと見る
「青森県」の記事をもっと見る

キャラクター

もっと見る
「キャラクター」の記事をもっと見る

インバウンド

もっと見る
「インバウンド」の記事をもっと見る