Logo sec

「ニンテンドースイッチ」の販売1000万台 任天堂、人気で品薄続く

2017/12/13
ニンテンドースイッチを手に入れ笑顔の男性ら=3月3日午前、大阪市北区のヨドバシカメラマルチメディア梅田(山田哲司撮影)

 任天堂は12日、今年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の世界での累計販売台数が1000万台を突破したと発表した。人気ゲームソフトなどがけん引役となり、ゲームに親しみのない購買層を開拓したことが寄与した。

 スイッチは生産が追い付かず品薄の状態が続いている。8月には当面の在庫が確保できないため、任天堂の公式サイトで予約販売する措置を一時取った。10月には、平成30年3月末までの世界販売台数の目標を1千万台から1400万台に上方修正している。

 広報担当者は18年に発売し大ヒット商品となった家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」と比較し「若干届かなかった」と説明。ただ「世界のたくさんの人に遊んでもらえてありがたい」と話した。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

データ

もっと見る
「データ」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

任天堂

もっと見る
「任天堂」の記事をもっと見る

ゲーム

もっと見る
「ゲーム」の記事をもっと見る