Logo sec

「地元の盛り上がり重要」 万博誘致へ近畿経産局が宣伝活動開始

2017/09/23
201709221845_1-300x0.jpg近畿経済産業局の森清局長

近畿経済産業局は2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致に向け、ポスターを配布するなどの宣伝活動を始めた。

誘致のロゴマークなどが入ったポスター2500枚、チラシ10万5千枚を作成。国の出先機関や大学、経済団体へ協力を依頼し、配布する。また、大阪合同庁舎1号館(大阪市中央区)に垂れ幕を掲げたほか、公用車へステッカーを貼るなどして周知を図る。

来月27日から関西国際空港で開催する第2回関西産業観光博覧会では、のぼりやポスターを掲示するほか、PRビデオを上映するなどし、訪日外国人らに対しても直接PRする。

森清局長は「地元での機運の盛り上がりが重要。大阪、関西の人々が自ら万博をやりたいという雰囲気になるのが良い」と述べ、市民レベルでの開催意欲の高まりが重要になるとの認識を示した。

あわせて読む

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

大阪府

もっと見る
「大阪府」の記事をもっと見る

経済産業省

もっと見る
「経済産業省」の記事をもっと見る 「万博」の記事をもっと見る