Logo sec

2016年の訪日クルーズ船旅客数が最多199万2000人 中国人旅客増が寄与

2017/06/05

国土交通省は6月2日、クルーズ船(外国船と日本船の合計)で日本を訪れた2016年の外国人旅客が前年比78.5%増の199万2000人に達したと発表した。

201706051636_1-300x0.jpgタグボートに押されて接岸するクルーズ船「コスタ ネオロマンチカ」=舞鶴市松陰

中国人旅客の増加が寄与し、2年連続で過去最多となった。日本に寄港するクルーズ船の回数も、前年比563回増の2017回と、3年連続で最多を達成した。内訳は、外国船社運航のクルーズ船が 1443 回、日本船社運航のクルーズ船が 574 回だった。

政府は20年の訪日クルーズ旅客数を500万人とする目標を掲げている。

一方、クルーズ船を利用する日本人も、海外船社の配船数の増加によって、24万8000人と前年より2.7万人増加した。

あわせて読む

「中国」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

クルーズ船

もっと見る
「クルーズ船」の記事をもっと見る