Logo sec

新入生140人「新しい礎になる」 国際医療福祉大の医学部が開学 国際社会で活躍できる医師育成

2017/04/03
201704032032_3-300x0.jpg国際医療福祉大医学部の入学式で誓いの言葉を述べる新入生代表=4月2日、成田市の成田国際文化会館(城之内和義撮影)

成田市公津の杜のキャンパスに新設された国際医療福祉大医学部の入学式・開設記念式典が2日、行われた。国内の医学部新設は特例を除いて昭和54年以来38年ぶり、県内では千葉大に続く2校目となった。この日、医学部には140人(うち留学生20人)が入学。成田空港に近い立地を生かし、国際社会で活躍できる医師を目指す。東京五輪・パラリンピックが開催される2020(平成32)年には、市内に付属病院の開設も計画している。

式典では国際医療福祉大の高木邦格理事長が式辞を述べ、「医師としての社会的責任を自覚し、海外での医療教育や千葉県の地域医療に貢献するほか、先端的な医療や基礎医学の分野でも活躍していただきたい」と新入生らを激励。大友邦学長も「海外臨床実習でさまざまな国の医療現場を在学中に体験することで、国際的な広い視野を持った医師を目指してほしい」と呼びかけた。

国際医療福祉大医学部は国際医療拠点を目指し、外国人教員の確保や留学生の受け入れを積極的に進める。学生に対しては、大多数の科目で英語による授業を行い、6年次には4週間以上の海外臨床実習に全学生を参加させるなどして、国内外で活躍できる医師の養成を目指す。

入学式で新入生代表の上田諒さん(19)は「上級生がいないことや、英語中心の授業についていけるかという不安があったが、第1期生として古い伝統やしがらみにとらわれたり変化を恐れたりすることなく、本医学部の歴史において新しい礎となるべく決意を新たにしている」と宣誓した。

留学生を代表して、モンゴル国立医科大推薦のタルガト・ティレウベクさん(19)は「母国モンゴルの医療を向上させるために貢献できる医師を目指したい」と抱負を述べた。

201704032032_4-300x0.jpg入学式の前に校舎内を見学する新入生と家族ら

国際医療福祉大医学部は、国家戦略特区の規制緩和により新設が認められた。誘致を進めてきた成田市は、22億7600万円を投じて取得した用地を大学側に無償貸与し、建設費の半分に当たる80億円を県とともに補助している。市などは将来の医師不足対策とともに、学生や教職員の定住による人口増加や雇用拡大などの経済効果に期待する。

式典に出席した森田健作知事は祝辞で「県内では高齢化の急速な進展が見込まれ、医療に寄せる県民の期待が高まっている。今後、この千葉県から世界水準の医学教育を受けた優秀な人材が輩出されることは、地域医療にとって心強い限りだ」と新入生らを励ました。成田市の小泉一成市長も「ここで学ぶ6年間は人生にとってかけがえのない時間になる。成田市で充実した学生生活を過ごせるよう、市としてバックアップしていきたい」と歓迎した。

あわせて読む

「人材」の記事をもっと見る 「医療」の記事をもっと見る

千葉県

もっと見る
「千葉県」の記事をもっと見る

成田空港

もっと見る
「成田空港」の記事をもっと見る