Logo sec

日中英対応のロボホンが訪日客に観光案内 京急、シャープなど、4月から貸し出し

2017/03/25
201703221722_1-300x0.jpgロボット型携帯電話「ロボホン」を手に笑顔を見せる京浜急行の担当者=3月22日、東京都大田区

京浜急行電鉄(本社・東京都港区)、シャープ(本社・堺市堺区)など4社は、シャープ製のロボット型携帯電話「ロボホン」を訪日観光客に貸し出し、おすすめ観光スポットを多言語で案内するサービスを4月25日から提供する。

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて増加が見込める訪日観光客への「おもてなし」にロボホンが一役買う。

シャープは海外販売も視野に、ロボホンの認知度の向上を図る。

京急の羽田空港国際線ターミナル駅(東京都大田区)内で高速無線通信が使える小型端末を貸し出す「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」に、日本語、英語、中国語に対応したロボホン20台を用意。

GPS(衛星測位システム)が把握した位置情報に合わせ、浅草や渋谷といった東京都と神奈川県の観光スポット30カ所の情報を音声で案内したり、利用者を撮影したりするほか、呼びかけて指示をすればダンスや逆立ちをすることもできる。

料金(税別)は前払い制で、24時間で1500円、48時間で3000円、72時間で4000円。延長料金は12時間ごとに500円加算される。羽田のほか、成田や関西など全国4空港内にあるグローバルWiFi店舗のカウンターで返却できる。

あわせて読む

羽田空港

もっと見る
「羽田空港」の記事をもっと見る 「Wi-Fi」の記事をもっと見る

シャープ

もっと見る
「シャープ」の記事をもっと見る

京浜急行

もっと見る
「京浜急行」の記事をもっと見る