Logo sec

インドネシア・エアアジアXが成田-バリ開設 LCCでは初の路線

2017/03/22

エアアジアグループ傘下の格安航空会社(LCC)インドネシア・エアアジアXは、成田とインドネシア有数の観光地バリ島デンパサールを結ぶ定期路線を5月25日から開設する。同路線はLCCでは初めて。

201703231412_1.jpg成田―バリ就航を㏚するインドネシア・エアアジアXのスリスト・ヌグロホ・ハヌングCEO(左から3人目)とインドネシア・エアアジアグループのデンディ・コルニヤウアンCEO(左から4人目)

同社によると、リゾート地のバリ島は日本人の人気が高く、2016 年のバリ島への訪問者数は約23万3000人。日本人観光客の需要を見込み、週4往復運行。機材はエアバスA330を使用する。

3月21日から4月9日まではキャンペーン価格として片道運賃9900円から販売、期間終了後は同路線を運航するフルサービスの航空会社に比べて3割ほど安い運賃価格で販売する。

インドネシア・エアアジアグループのデンディ・コルニヤウアンCEO(最高経営責任者)は「LCCとして低価格の運賃を提供することで、多くの日本人がバリへ、イ ンドネシア人が夢見ていた日本に訪れることができ、日本とインドネシアのより一層 の経済発展に貢献できると確信している」とコメントしている。

あわせて読む

「LCC」の記事をもっと見る

インドネシア

もっと見る
「インドネシア」の記事をもっと見る

成田空港

もっと見る
「成田空港」の記事をもっと見る

アウトバウンド

もっと見る
「アウトバウンド」の記事をもっと見る