Logo sec

スポーツ文化ツーリズムアワード 「瀬戸内しまなみ海道」が大賞を受賞

2017/03/17
201703171155_1-300x0.jpg大賞を受賞した菅良二・今治市長(右から2人目)と、鈴木大地スポーツ庁長官(左)、宮田亮平・文化庁長官(左から2人目)と田村明比古 観光庁長官

スポーツ庁と文化庁、観光庁は3月16日、スポーツ体験や芸術鑑賞などにより観光地の魅力を高める取り組みを評価する「スポーツ文化ツーリズムアワード」の表彰式を東京都内で開き、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」を核としたサイクルツーリズム(自転車観光)に大賞を贈った。

また、スポーツ庁長官賞を兵庫県姫路市の「世界遺産姫路城マラソン」に、文化庁長官賞を青森県十和田市の「スポーツ流鏑馬大会」に贈った。

スポーツ文化ツーリズムアワードは2016年度創設。今回が初めての表彰で応募44件から選出した。田村明比古観光庁長官から表彰状を受け取った菅良二今治市長(瀬戸内しまなみ海道振興協議会会長)は「これからもサイクリストの聖地にふさわしい取り組みを進めたい」と述べた。

あわせて読む

観光庁

もっと見る
「観光庁」の記事をもっと見る

スポーツ

もっと見る
「スポーツ」の記事をもっと見る

スポーツ庁

もっと見る
「スポーツ庁」の記事をもっと見る

文化庁

もっと見る
「文化庁」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る