Logo sec

東北6地銀と日本政策投資銀、観光産業支援で連携 投融資やセミナー

2017/03/16

七十七銀行(本店・仙台市青葉区)など東北の6地方銀行と日本政策投資銀行(本店・東京都千代田区)は3月15日、観光産業の支援に関する業務協力協定を結んだと発表した。7行は共同で、東北地方で観光関連事業を展開する企業などへの投融資や、業界動向に関するセミナーを開催する。

201703161935_2-300x0.jpg観光振興の支援に向けて協定を結んだ東北の地銀頭取ら=3月15日、東京都千代田区の地方銀行会館

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響もあり、東北の観光産業は苦境に立たされている。7行は金融面からの支援を強化、観光客の増加と観光産業の復興に貢献したい考え。

七十七銀以外の参加地銀は青森銀行(本店・青森市)、岩手銀行(本店・盛岡市)、秋田銀行(本店・秋田市)、山形銀行(本店・山形市)、東邦銀行(本店・福島市)。各地銀の頭取らが東京都内でそろって記者会見し、七十七銀の氏家照彦頭取は「裾野の広い観光の分野でオール東北の取り組みを支えたい」と強調した。

7行が形成するネットワークの名称は「東北観光金融ネットワーク」。セミナーや勉強会の開催、観光に関する共同調査に加え、有望な企業に対してファンドを通じた出資などを検討していくという。

■業務協力の主な内容

  1. 観光振興事業に対する金融ネットワークの提供
  2. 観光振興事業に対する金融サービスの提供に関する共同での取組み
  3. 観光振興事業にかかわる業界動向、行政動向などに関する情報交換
  4. 観光振興事業にかかわる勉強会、セミナーなどの開催

あわせて読む

日本政策投資銀行

もっと見る
「日本政策投資銀行」の記事をもっと見る

青森県

もっと見る
「青森県」の記事をもっと見る

山形県

もっと見る
「山形県」の記事をもっと見る

宮城県

もっと見る
「宮城県」の記事をもっと見る

岩手県

もっと見る
「岩手県」の記事をもっと見る

秋田県

もっと見る
「秋田県」の記事をもっと見る

福島県

もっと見る
「福島県」の記事をもっと見る 「金融」の記事をもっと見る 「東北」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る