Logo sec

四国を「環島」しよう! 愛媛県が「一周1000キロルート」設定 サイクリングアイランド実現へ

2017/03/15

愛媛県は3月14日、サイクリングを活用した地域振興策として四国一周をまわるサイクリングルート「四国一周1000キロルート」を発表した。今後、初級・中級・上級などのレベル別のコース設定や香川県・徳島県・高知県の独自コースの設定を予定しており、四国全体でサイクリングレジャーを盛り上げていく。

中村時弘・愛媛県知事は「6年前から構想を練ってきた『サイクリングアイランド』の実現に向けたキックオフ。四国のサイクリングの定着に向け全力を尽くしたい」と語った。

お遍路文化でサイクリストをおもてなし

201703152154_1.jpg「四国一周1000キロルート」を発表した愛媛県の中村時広知事(中央)とPR大使の一青妙さん(中央右)、サイクリングアイランド四国プロジェクトパートナー門田基志選手(チームジャイアント、中央左)

「四国一周1000キロルート」は、瀬戸内海や太平洋、宇和海の海岸線、西日本で最も高い石鎚山をたたえた四国山地など四国の美しい自然の中をめぐるサイクリングコース。台湾では自転車で島を1周する「環島」(ホァンダオ)が人気を呼んでいるが、台湾とほぼ同じスケールで、愛媛県をスタートに香川、徳島、高知、そして愛媛へと戻る11日間のモデルプランが提示された。

ルートを監修した「サイクリングアイランド四国プロジェクトパートナー」のマウンテンバイクプロライダー、門田基志選手(チームジャイアント)は「サイクリスト目線での安全を確保した上で、見せるべき日本をどう見せるかを考えてルート設定をした。四国はお遍路文化に基づくおもてなしの文化があり、日本だけでなく世界から来ても楽しめる。国際的にも『日本を走る=四国を走る』というルートとして発展していければ」と語った。

また、女優・エッセイストの一青妙(ひとと・たえ)さんが「四国一周サイクリングPR大使」に就任。台湾の「環島」を完走したことがある一青さんは「愛媛をはじめとする四国は、地形も含め台湾とよく似ている。一周の距離も似ていて驚いている。サイクリングを通して国境を超えた兄弟のような関係を築けるよう力になりたい」と抱負を語った。

201703152154_2.jpg四国一周1000キロルートのルートマップ ©愛媛県

この日は、県庁正面から「四国一周サイクリング ぐるっとPRツアー出発式」を実施。ツアー隊には、中村知事や一青さん、門田選手をはじめメディア各社が参加し、3月17日までの4日間にわたってルートの見どころを巡る。ツアー中には各県庁を表敬訪問し、「四国がサイクリングでひとつになる」ことを情報発信していく予定。

あわせて読む

スポーツ

もっと見る
「スポーツ」の記事をもっと見る

愛媛県

もっと見る
「愛媛県」の記事をもっと見る 「四国」の記事をもっと見る