Logo sec

台湾一の高層ビルと協定 大阪・あべのハルカス、観光で相互誘客

2017/03/10
201703101722_1.jpg台湾で最も高いビル「台北101」(左)と、高さ日本一のビル「あべのハルカス」

高さ300メートルで日本一のビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)と、台湾で最も高い508メートルを誇るビル「台北101」(台北市)が友好協定を結ぶことになり、3月9日にハルカスで締結式が開かれた。

超高層ビルとしての共通点を生かし、相互に観光客を誘致する取り組みを進める狙い。ハルカスを運営する近鉄不動産(本社・大阪市天王寺区)の赤坂秀則社長は締結式で「台湾での認知度を上げてたくさんの人に来館してもらいたい」と述べた。台北101の管理会社の周徳宇董事長は「観光など民間交流が活発になってほしい」と喜んだ。

両ビルでは協定締結を記念して、お互いのビルの写真などを展示してPRするコーナーを設置。ハルカスでは台湾との往復航空券や宿泊券などが当たるキャンペーンも実施する。

あわせて読む

「台湾」の記事をもっと見る

大阪市

もっと見る
「大阪市」の記事をもっと見る

不動産

もっと見る
「不動産」の記事をもっと見る

あべのハルカス

もっと見る
「あべのハルカス」の記事をもっと見る