Logo sec

「特産松阪牛」「米沢牛」など4品目を地理的表示保護制度に登録 計28品目に

2017/03/03

農林水産省は3月3日、地域の農産物などをブランドとして保護する「地理的表示(GI)保護制度」の対象として、三重県松阪市などで生産される「特産松阪牛」、山形県米沢市などの「米沢牛」、岩手県奥州市前沢区の「前沢牛」など、計4品目を新たに登録したと発表した。GIは2015年12月から登録が始まり、計28品目となった。

201703031412_2-300x0.jpg松阪牛のサーロインステーキ

和牛では、兵庫県内で生産されている「但馬牛」と「神戸ビーフ」が登録されている。和牛は海外の富裕層を中心に人気の高く、GIによって模倣品の流通減少につなげたい考えだ。

特産松阪牛は900日以上の長期にわたる肥育で、きめ細かい脂肪が入った品質の高さが評価された。

米沢牛は明治初期に居留外国人からの評判で知名度が広がったことや米沢牛駅弁が120年の歴史を誇るなどの伝統が決め手となった。

前沢牛は全国肉用牛枝肉共励会で全国最多の名誉賞(農林水産大臣賞)を受賞するなど、品質に定評がある。

このほか、愛知県西尾市と安城市で生産されている「西尾の抹茶」が登録された。農水省は2020年までに各都道府県で最低1産品の登録を目標に掲げている。

地理的表示保護制度 地域には長年培われた特別の生産方法や気候・風土・土壌などの生産地の特性により、高い品質と評価を獲得するに至った産品が多く存在しています。これら産品の名称(地理的表示)を知的財産として保護する制度。地理的表示保護制度の導入を通じて、それらの生産業者の利益の保護を図ると同時に、農林水産業や関連産業の発展、需要者の利益を図る。(農水省ホームページより)

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る 「飲食」の記事をもっと見る

愛知県

もっと見る
「愛知県」の記事をもっと見る 「茶」の記事をもっと見る

岩手県

もっと見る
「岩手県」の記事をもっと見る

山形県

もっと見る
「山形県」の記事をもっと見る

三重県

もっと見る
「三重県」の記事をもっと見る

農林水産省

もっと見る
「農林水産省」の記事をもっと見る