Logo sec

農水省と初音ミクがコラボ 楽曲に乗せて日本食を世界へアピール、動画を公開

2017/03/01

農水省は3月1日、日本食・食文化の魅力を世界に伝えるため、音声合成ソフトの人気キャラクター、初音ミクとコラボレーションしたプロモーション動画「“OISHII” TRIP(おいしい・トリップ)」の配信を始めた。動画サイト、ユーチューブの農水省の公式チャンネルと動画特設ページでみることができる。

201703012053_1.png「“OISHII”TRIP」は、初音ミクが日本を訪れた観光客をアテンドし、全国各地の日本食の魅力に出会う「弾丸ツアー」をイメージ。テンポの良い独特のリズムに乗せて、すきやきやカニ、ぶりしゃぶしゃぶなどを堪能。おいしいものを食べると、初音ミクがチャーミングな笑顔で、“OISHIIポーズ”をとる。

この動画は、NHKワールドTVを通じて日本から世界に情報発信を行う日本国際放送(本社・東京都渋谷区)が、農水省の受託プロジェクトとして制作。クリプトン・フューチャー・メディア(本社・札幌市中央区)が開発した音声合成ソフトのキャラクター「初音ミク」を起用した。

初音ミクは、歌詞を入力して誰でも歌を歌わせることができるボーカロイドと呼ばれるソフトで、多くのクリエイターが初音ミクを使用して音楽を作り、ネットに投稿。ソフトのキャラクターもバーチャル・シンガーとして世界的な人気を集めている。

動画は、初音ミク・ボーカロイド・オペラ「THE END」などを手掛けたYKBXさんが監督。動画ともに流れる楽曲は、作詞がMio Aoyamaさん、作曲がJunichi OGUROさん。

動画は今後、農水省によるイベントブース出展や講演などでのプロモーションにも活用される予定で、3月14日からはカラオケでも配信される。
 

あわせて読む

農林水産省

もっと見る
「農林水産省」の記事をもっと見る 「和食」の記事をもっと見る 「飲食」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る