Logo sec

圏央道茨城区間が全線開通 成田空港からアクセス向上、訪日外国人誘客の起爆剤に

2017/02/27

首都圏3環状道路の最も外側に位置する首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の茨城県内区間が2月26日、全線開通した。千葉から埼玉、神奈川まで5都県がつながり、成田空港から都心を経由せずに北関東へのアクセスが可能になるため、観光地は外国人客の増加に期待を寄せている。

201702271356_1-300x0.jpg圏央道の常総ICで開かれた開通記念セレモニー=2月26日午前、茨城県常総市
国土交通省は茨城県常総市で開通記念式典を開き、石井啓一国交相は「圏央道約300キロの約9割がつながり、経済活動を支える上で大きな役割を担うことになる。近郊の大型物流施設は輸送時間が削減され、生産性向上が期待できる」とあいさつ。常総市のインターチェンジ(IC)ではテープカットが行われた。

新たな開通区間は、境古河IC-つくば中央ICの28.5キロ。暫定2車線で、利用状況をみて4車線化を検討する。

国交省の試算では、成田空港から世界遺産の富岡製糸場(群馬県富岡市)や、景勝地として知られる埼玉県長瀞町などへの所要時間が、いずれも約20分短縮される。

富岡市の担当者は「成田空港の利用客を積極的に誘致できる。富岡に来るツアーが増えることを期待したい」と話し、茨城や千葉でも観光PRに取り組む方針。長瀞町観光協会は「繁忙期は客が時間通りに着けず、レンタサイクルなどのキャンセルが多かった。渋滞が回避できるのは良いことだ」と歓迎している。

日光、富岡製糸場、川越…アクセス容易に

圏央道の境古河IC-つくば中央IC間(28.5キロ)が26日に開通した。県内の圏央道(約71キロ)は全線開通となり、東関東、常磐、東北、関越、中央、東名の6高速道路が都心を経由しないルートで結ばれた。首都圏の交通アクセスの格段の向上で、物流や観光、経済などにさまざまな影響が見込まれると、地域の期待も高まっている。(上村茉由)

この日、常総ICで開かれたセレモニーでは、地権者ら地域住民約1200人が小旗を振って開通を歓迎し、関係者がテープカットを行った。真新しい道路上で、石井啓一国土交通相は「地元の皆さんにとって待ちに待った開通。これから大いに活用してほしい」と期待を込めた。

26日開通の区間は平成18年に着工。27年度中の完成予定だったが、軟弱地盤の対策工事や、27年9月に常総市などを襲った東日本豪雨の影響などで完成がずれ込んだ。

千葉の成田空港から神奈川の湘南地域まで都心を経由せずに移動でき、筑波山や日光(栃木)、富岡製糸場(群馬)、川越(埼玉)など関東各地の観光地へのアクセスも容易となる。渋滞減少、移動時間の短縮も見込まれ、訪日外国人の広域周遊や県内への観光客の増加も期待される。

25~27年に3年連続で工場立地件数が全国1位となった茨城県内では、圏央道の開通を見越した企業の工場誘致も進み、石井国交相も「周辺の区画整理なども実施され、さらなる工場立地の展開が期待される」と話した。

26日の開通と同時に常総IC、坂東ICも新設され、県西地区と県内各地の移動の利便性が高まる。

セレモニーに参加した境町のアルバイト、飯塚博さん(66)は「水戸にいる子供や孫に会いに行きやすくなる。(開通を)楽しみに待っていた」と笑顔を見せ、坂東市勘助新田のパート従業員、木原節子さん(62)は「(開通で)坂東のお祭りやイベントが一層盛り上がってほしい」と話していた。

あわせて読む

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る

国土交通省

もっと見る
「国土交通省」の記事をもっと見る

茨城県

もっと見る
「茨城県」の記事をもっと見る