Logo sec

「マリオ」の衣装で「カート」ツアーは著作権侵害 任天堂が東京の企画会社を提訴

2017/02/24

家庭用ゲーム大手の任天堂(本社・京都市南区)は2月24日、同社の人気ゲームキャラクター「マリオ」などの衣装を貸し出し、小型の自動車「カート」を使った東京観光ツアーなどを提供している会社、マリカー(本社・東京都品川区)のサービスは著作権侵害などに当たるとして、同社に1000万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

201702242253_1-300x0.jpg任天堂の人気ゲームキャラクター、マリオとルイージのコスチュームを着てカートを運転する「マリカー」利用者。外国人観光客にも人気だったが…(マリカーのホームページより)

任天堂によると、マリカーは、任天堂の人気ゲーム「マリオカート」の略称を社名やサービス名に無断使用している上、マリオやルイージといった人気キャラクターの衣装を利用者に貸与。こうした行為は任天堂の信用を傷つけ、著作権侵害に当たるとしている。

任天堂はこれまでにマリカー側に警告してきたが、誠意ある回答がなかったため提訴したという。

マリカーは産経新聞の取材に「任天堂の提訴に関しては後日、見解を発表する」と回答した。

あわせて読む

COOL JAPAN

もっと見る
「COOL JAPAN」の記事をもっと見る

任天堂

もっと見る
「任天堂」の記事をもっと見る

ゲーム

もっと見る
「ゲーム」の記事をもっと見る