Logo sec

神奈川県が外国語対応サイト 観光スポット358件を紹介 訪日客呼び込み狙う

2017/02/24

外国人観光客の県内誘致に向け神奈川県は、外国語に対応した観光情報サイト「Tokyo Day Trip ‐Kanagawa Travel Info-」を開設した。観光スポットを入力し、オリジナルの観光ルートを設定することができるのが特徴。現在は日本語と英語のみだが、来年度中に中国語と韓国語にも対応する方針。

201702242000_1.jpg外国人観光客向けに開発したサイト「Tokyo Day Trip」

サイトでは358件の観光スポットが登録されており、121件のモデルルートを紹介。電車の乗り換え方法なども表示される。また、写真投稿サイトの投稿数に基づき、人が集まっている場所を地図上で示す「ホットポイント表示機能」も盛り込んだ。

サイト名に「Tokyo」の文字を入れたのは、東京を起点に県内を訪問する外国人観光客が多いためで、東京と近いことをアピールすることが狙い。県ではサイトのアクセス数などのデータを基に外国人観光客のニーズ把握に努め、今後のプロモーション活動に活用する方針だ。

あわせて読む

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

神奈川県

もっと見る
「神奈川県」の記事をもっと見る