Logo sec

ホテルのチェックインや免税手続き…訪日客をSuicaで支援 「IoTおもてなしクラウド」実証実験

2017/02/24

総務省やNECなどは2月23日、スマートフォンのアプリやSuicaを使って入国後のホテルのチェックインや免税店の買い物などをスムーズに行えるようにする、訪日客向けの「IoTおもてなしクラウド」の実証実験を羽田空港などで実施した。総務省は2017年度まで実証実験した上で、2018年度以降、NECなど民間事業者が中心に商用化を目指す。

201702241106_1-300x0.jpgスマートフォンアプリやSuicaを使った、総務省のIoTおもてなし実証実験=23日、羽田空港

おもてなしクラウドは、訪日客がパスポートや食の好みなどの情報をスマホのアプリを使ってクラウドに登録後、スマホとSuicaをひも付けることで、Suicaでこれらの情報を呼び出せるようになるサービス。

免税手続きもパスポートなしで

バスの切符を買う際にSuicaを提示すると、バスの到着時間がホテルに自動で案内されたり、レストランでは、Suicaの提示で食の好みの情報がレストランに伝えられるようになる。また、免税手続の際もパスポートの提示などが不要になる。

実験に参加した英国籍のトーマス・ウォーカーさん(25)は「免税の手続きが楽にできるのは便利だ。食べ物のアレルギーを持っている人の情報が伝わるのも役に立つと思う」と話した。

総務省は、Suica以外のICカードの利用やスマホだけを使ったクラウドに登録した情報の呼び出しもできるようにする考えだが、外国人向けにクラウドやアプリの周知なども課題になりそうだ。

あわせて読む

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「通信」の記事をもっと見る 「行政」の記事をもっと見る