Logo sec

京都市認定の通訳ガイド、二条城と京都迎賓館で試験的実施 今夏から本格的に導入へ

2017/02/18

京都市などが市認定通訳ガイドによる英語ガイドツアーを試験的にスタートさせた。増加する外国人観光客に、きめ細かな観光案内をしていこうというもの。世界遺産・二条城(京都市中京区)と京都迎賓館(京都市上京区)で2月6日から24日まで実施し、今年夏ごろから本格的に導入する予定という。

201702171847_2.jpg解説ボードを持ち、唐門を案内する公認ガイド(左端)=京都市中京区

通訳ガイドは、昨年度から始まった市独自の認定通訳ガイド「京都市ビジターズホスト」の第1期生。本来、有償での通訳ガイドは国家資格の「通訳案内士」の取得が必要だが、市では国の特区制度を活用、市内の通訳ガイドができる独自の認定制度を設けた。

試験導入を始めた6日、二条城ではニュージーランドやオランダなどの外国人観光客約10人がガイドを利用。4人の通訳ガイドが、二の丸御殿や御殿正門の唐門などを案内し、大政奉還にまつわる歴史や、うぐいす張りなどの見どころを丁寧に英語で説明した。

二条城ではこれまで、6カ国語対応のオーディオガイドのみだったが、ニュージーランドのシェフ、ロバート・エッセンバーグさん(34)は「オーディオガイドではなく、歴史をよく知る人から案内してもらう方が分かりやすい。うぐいす張りなどが興味深かった」と話した。

通訳ガイドの第1期生は約550人の応募者の中から書類審査や面接などで選考され、昨年2~7月の半年間、研修を受けて就任。英語と中国語ガイドの計56人がいて、研修では文化財の専門知識のほかに、京都検定2級を取得するなどしたという。

第2期生も今年2月から研修が始まっている。

あわせて読む

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る

翻訳・通訳

もっと見る
「翻訳・通訳」の記事をもっと見る

京都市

もっと見る
「京都市」の記事をもっと見る