Logo sec

みやぎFree Wi‐Fi提供開始 県美術館など166カ所 外国人観光客も利用可能、誘客促す

2017/02/18

宮城県は、県有施設など166カ所でインターネットが無料で利用できる公衆無線LANサービス「みやぎFree Wi-Fi」の提供を2月6日から開始した。外国人観光客も利用可能で、誘客の促進を進める狙いだ。

サービスが提供されるのは県有施設が6カ所34アクセスポイントで、県庁や県美術館、宮城スタジアムなどで利用可能。また、民間の施設では仙台駅周辺など32カ所132アクセスポイントで利用できる。

利用には登録が必要で、県有施設は1回30分(回数無制限)。民間施設は1回60分(24回まで)使うことができる。

県はNTT東日本と連携し、平成30年までに沿岸部など県内2000カ所での利用を目指す。災害時には開放され、事前の登録がなくても使うことができるようになるという。
 

あわせて読む

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る 「通信」の記事をもっと見る 「Wi-Fi」の記事をもっと見る

宮城県

もっと見る
「宮城県」の記事をもっと見る