Logo sec

心満たす「ZEN」を英語で発信 福井県が精神文化をわかりやすく紹介した冊子を作成

2017/02/19

福井の「ZEN」(禅)ブランドを世界に発信し外国人誘客につなげるため、福井県は精神文化を背景にした観光資源を視覚的にわかりやすく紹介した冊子「ZEN Alive.Fukui-身も心も満たされる、“ZEN”が息づく福井」(英語版)を作成した。海外の旅行会社やメディアへのPR、国際旅行博の出展などで活用する。

201702171951_1-300x0.jpg

外国人誘客に向けて福井県が作成した冊子‖福井県庁

全国的に外国人旅行者が増加する中で、誘客宣伝活動の強化策として、曹洞宗大本山永平寺の禅の精神文化に着目。宗教の「禅」の枠を超え「人と自然・環境との調和」「癒し」などをブランドのコンセプトに設定している。

ブランド発信に使われる冊子はA4変形判56ページで、一般の冊子よりも上質な紙を使用。一乗谷朝倉氏遺跡や越前がに、越前和紙の紙漉(かみすき)、永平寺の修行僧などの写真145点、禅語などを使って福井のよさをアピールしている。2000部作成。

福井県は、福観光の強みとして四季折々の自然と里山里海湖▽歴史・伝統文化▽健康的な和食文化▽人々の温かな人間性とあつい信仰心と精神文化などをあげ、外国人旅行客のターゲットを訪日経験があって歴史や文化に深い理解と興味がある客や伝統的な料理を求める客などにしている。

外国人旅行者を対象にした県の独自調査(平成27年)で、「ZEN」のコンセプトに魅力を感じる割合が欧米で90%、アジアで87%を占めている。県は3月に中国語版の冊子500部も作成する予定。

あわせて読む

福井県

もっと見る
「福井県」の記事をもっと見る