Logo sec

日本政府観光局 モスクワで事務所開設式典 15カ所目の海外拠点

2017/02/17

【モスクワ=黒川信雄】日本政府観光局(JNTO)は2月16日、モスクワ事務所の開所式典をモスクワ市の日本大使館で開催した。安倍晋三首相が対露関係改善に意欲を見せるなか、観光分野で交流促進を図る狙いがある。JNTOの海外事務所設置は15カ所目。

201702171101_1.jpgモスクワの日本大使館で行われたJNTOモスクワ事務所の開所式典=2月16日(黒川信雄撮影)

事務所は昨年12月、同市内に開設された。JNTOによれば、2016年にロシアから日本を訪れたのは約5万4000人にとどまり、ロシアからの海外渡航者全体の1%にも満たなかったという。

松山良一理事長は「特に欧州側の地域(露西部)で日本への認知度が低い」とし、改善に意欲を示した。モスクワ事務所長に就任した本蔵愛里氏は、個人の訪日観光客の増大を目指し、宣伝活動に力を入れたいと語った。

日本政府はロシアからの観光客増や人的交流拡大を目的に、今年1月からロシア国民に対する査証(ビザ)発給要件を緩和している。

あわせて読む

「JNTO」の記事をもっと見る

日本政府観光局

もっと見る
「日本政府観光局」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る

ロシア

もっと見る
「ロシア」の記事をもっと見る