Logo sec

「箱根ホテル小涌園」が老朽化で来年1月に閉館 新たに全室温泉露天風呂付き旅館など開業

2017/02/15

藤田観光(本社・東京都文京区)は2月14日、箱根駅伝の観戦場所として人気の有名温泉ホテル「箱根ホテル小涌園」(神奈川県箱根町)を2018年1月10日で閉館し営業終了すると発表した。施設の老朽化が理由。周辺を含めた再開発に取りかかっており、再開発の旗艦施設となる「箱根小涌園 天悠(てんゆう)」を今年4月20日にオープンする。

201702152225_1-300x0.jpg箱根ホテル小涌園の開業は1959年で、客室数は224室。閉館にともなう減損損失は12億円。今年の1-3月期決算に計上する予定。

藤田観光は、旅行・レジャーのトレンドの変化や訪日外国人の増加などの事業環境の変化を踏まえ、箱根エリアの再開発に着手。2016年に宿泊特化型旅館「美山楓林(みやまふうりん)」を開業したほか、国登録有形文化財建築物にも指定されている「貴賓館」と「迎賓館」という2つのレストランを開業した。

さらに今年は全室温泉露天風呂付旅館「箱根小涌園 天悠」を開業するほか、高級宿泊施設「蓬莱園」の開発を検討する。

あわせて読む

「宿泊」の記事をもっと見る 「箱根」の記事をもっと見る