Logo sec

和歌山市の尾花市長がIR誘致を表明「カジノは外国人専用に」

2017/02/15

和歌山市の尾花正啓市長は2月15日、市役所で記者会見を開き、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)の誘致に向けた取り組みを進めることを表明した。カジノは日本人の入場を制限し、外国人専用にするという。

尾花市長は、関西空港に近いという利点を挙げた上で、「和歌山の自然を生かした海洋型のレジャー施設を造りたい」と説明。

ギャンブル依存症や治安の悪化という懸念については「海外の事例を見る限り、カジノ施設を外国人専用にすることでクリアできるのではないか」とした。今後は候補地を選定し、県とも連携をして構想づくりに着手するとした。

市は平成27年、プロジェクトチームを発足させ、これまで誘致の是非を検討してきた。候補地は人工島「和歌山マリーナシティ」など2カ所が挙がっている。

一方、市が1月にインターネットモニターを対象にしたアンケートでは、反対派が賛成派の人数を上回ったほか、誘致に反対する市民団体からの要望書も市や県に提出されていた。

あわせて読む

「IR法」の記事をもっと見る

カジノ法案

もっと見る
「カジノ法案」の記事をもっと見る

和歌山県

もっと見る
「和歌山県」の記事をもっと見る

地方創生

もっと見る
「地方創生」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る