Logo sec

JR西日本が京都駅南にホテル2棟、2019年春開業へ…既存のホテルと計3棟態勢

2017/02/03

JR西日本グループは2日、JR京都駅南側に、価格帯が違う2棟のホテルを建設すると発表した。客室数は合わせて約900室で2019年春の開業予定。JR西は京都駅ビル内でもホテルを運営しており、訪日外国人増加などで宿泊需要が高まる中、3つのホテルで幅広い客層を取り込む考えだ。

201702031129_1.jpg概観イメージ
201702031129_2-300x0.jpg

駅から徒歩2分で敷地面積は約6000平方メートル。東側には新たに立ち上げるハイクラスの宿泊特化型ホテル(地上9階建て、約430室)を、西側にはJR西日本ヴィアインが運営するビジネスホテルチェーンの「ヴィアイン」(地上10階建て、約470室)が開業する。

新ブランドホテルは、客室の広さを平均25平方メートル程度とヴィアインより広めにし、客室単価も高めに設定。また、大浴場を設けるなどし、差別化を図る。

JR西グループでは京都駅ビル内に、結婚式もできる宴会場やプールなどを備える「ホテルグランヴィア京都」を持つ。

近くにある3ホテルがそれぞれ違った価格帯と施設を打ち出すことで、東棟を運営するジェイアール西日本ホテル開発の中村仁社長は「レジャーやビジネスなどさまざまなニーズに応えられる」と自信をみせる。

観光地として人気の高い京都では、ホテルの稼働率が高く推移し、客室不足や価格の高騰が続いている。

一方で、新たなホテル建設も相次ぐなど競争も激化。ホテル事業の強化を打ち出すJR西は、他にもカプセルホテル事業へ参入するなど、グループで複数のブランドを展開することで事業拡大をめざす。

あわせて読む

ホテル

もっと見る
「ホテル」の記事をもっと見る

JR西日本

もっと見る
「JR西日本」の記事をもっと見る

旅行業

もっと見る
「旅行業」の記事をもっと見る 「宿泊」の記事をもっと見る