Logo sec

中国選手団、宿泊ホテルをアパから変更へ 札幌、アジア大会

2017/01/31

札幌市などで2月に開かれる冬季アジア大会の組織委員会が、中国の選手団が宿泊するホテルを、南京大虐殺を否定する書籍が置かれた同市南区のアパホテルから、市内の別のホテルに変更する方向で調整に入ったことが1月31日、分かった。
 

201701311739_1.jpg冬季アジア大会の選手村となる予定のアパホテル=31日午前、札幌市南区

組織委によると、市内ではアパホテルの他、札幌プリンスホテルが選手村となる予定だが、他のホテルも候補になる可能性が浮上しているという。大会を主催するアジア・オリンピック評議会(OCA)と中国オリンピック委員会から、アパホテルに宿泊させないよう求める要請があった。

冬季アジア大会には中国を含む31の国・地域がエントリーを表明。アパホテルに最も多くの選手が滞在することになっていた。アパ側は、選手村になるホテルから当該書籍を含む客室内の全ての「情報物」を撤去する意向を、組織委側に伝えていた。

あわせて読む

「中国」の記事をもっと見る

アパホテル

もっと見る
「アパホテル」の記事をもっと見る 「宿泊」の記事をもっと見る