Logo sec

訪日客に豆知識伝授『京都ノトリセツ』 第3弾は「京旅館の楽しみ方」

2017/01/24
201701241237_1-300x0.jpg京旅館の楽しみ方(京都文化交流コンベンションビューロー提供)

京都市と公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー(本部・京都市中京区)は、外国人観光客向けに京都の豆知識を英語で紹介するリーフレット「京都ノトリセツ」の第3弾として「京旅館の楽しみ方」を発行した。

第2弾「トリビア編」 第3弾「マナー編」

「京都ノトリセツ」は、市と旅行口コミサイトを運営するトリップアドバイザー(本社・東京都渋谷区)が連携し、これまでに「日本酒乾杯条例」など京都の豆知識を紹介する「トリビア編」、京都の文化や習慣を正しく理解してもらう「マナー編」を発行している。

第3弾の今回は、市内のホテルの稼働率が約9割なのに対し旅館は約7割にとどまっていることから、稼働率向上への取り組みの一環として企画した。

ビザ・ワールドワイド・ジャパン(本社・東京都千代田区)、府旅館ホテル生活衛生同業組合(本部・京都市中京区)とも協働。チェックインからチェックアウトまでの旅館での一日の過ごし方や、仲居の役割、京料理の楽しみ方などをイラストで紹介。「スーツケースを畳の上で転がさない」「浴衣を持ち帰らない」などのマナー啓発コメントも掲載している。

リーフレットのお披露目を受けた門川大作市長は「外国人に向けて伝統的な旅館の楽しみ方や京都の食文化を発信していただいており、ありがたい」と話した。

中国語版も発行予定

リーフレットは約3万部作成。今週中に中国語版も発行する予定。JR京都駅などの市内観光案内所や関西国際空港(大阪)、市内の各宿泊施設や観光施設などを通じて配布する。また、同じ内容を市や京都文化交流コンベンションビューロー、トリップアドバイザーのWEBサイトでも掲載している。

あわせて読む

トリップアドバイザー

もっと見る
「トリップアドバイザー」の記事をもっと見る

京都市

もっと見る
「京都市」の記事をもっと見る

京都府

もっと見る
「京都府」の記事をもっと見る

訪日プロモ

もっと見る
「訪日プロモ」の記事をもっと見る