Logo sec

英語力向上で戦力アップ目指す 英会話のイーオンがラグビー日本代表の語学サポート

2017/01/16

英会話教室を運営するイーオン(本社・東京都新宿区)は1月16日、日本ラグビーフットボール協会(本部・東京都港区)との間で、ラグビー日本代表のオフィシャルサポート契約を締結したと発表した。「公式語学トレーニングサポーター」として、選手の英語力の向上を目的にインターネットレッスンやeラーニングなどを提供。選手用のオリジナル教材を開発し、選手たちが実践的に使える英語の習得を目指す。

201701161901_1-300x0.jpg会見に臨んだ、左から大野均選手、日本ラグビーフットボール協会の坂本典幸専務理事、イーオンの三宅義和社長、斎藤聖奈選手

サポートの対象となるのは15人制、7人制の男女日本代表選手。イーオンが提供しているオンラインでのマンツーマンレッスンを無料で受けられるほか、合宿所に講師を派遣し、無料の英会話研修を開催する。また、同社が16日から提供を始めたeラーニングサイトのコンテンツも無料で利用できる。

イーオンでは、ラグビー選手のためのオリジナルの選手用教材を開発。国際試合などの試合中に必要な会話だけでなく、メディアやファンへの対応、海外遠征時の空港やホテル、病院での対応、試合後のパーティーでの会話術など幅広い場面に活用できる内容にするという。

ラグビーは英国発祥のスポーツで、ルールなどのラグビー用語はすべて英語。試合中のレフリーとのやり取りも英語で行われている。また、日本代表のヘッドコーチもここ数年、外国人が歴任。選手も外国人が増えており、チーム内では普段から英語でのコミュニケーションが必要不可欠になっている。

今回の提携について、日本ラグビーフットボール協会の坂本典幸専務理事は「英語力を上げないと、試合とは違うところでストレスが生まれる」と指摘。国際舞台で選手一人ひとりが委縮することなく、実力を発揮できる場を提供する狙いがあるという。

イーオンの三宅義和社長は「英語は学習というよりもスポーツのトレーニングに似ている。ラグビーの厳しいトレーニングに比べれば簡単。すぐにマスターできる」と話していた。

イーオンによると、国際試合だけでなくトップアスリートが海外で活躍するケースが増える中で、将来を見据えて英語を学ぶアスリートが増えているという。

あわせて読む

ラグビーW杯

もっと見る
「ラグビーW杯」の記事をもっと見る

英会話教室

もっと見る
「英会話教室」の記事をもっと見る

スポーツ

もっと見る
「スポーツ」の記事をもっと見る

多言語対応

もっと見る
「多言語対応」の記事をもっと見る